風宮を過ぎてすぐ奥の階段をのぼると多賀宮に行けます。
DSC02598
多賀宮への階段は98段と聞きましたが数えてはいません。
DSC02601
多賀宮へ到着です。
DSC02599
多賀宮は豊受大神宮の荒御魂(荒く猛々しい時の御魂状態)が祀られています。
豊受大神宮の荒御魂と、皇大神宮の荒御魂が祀られている荒祭宮は、他の別宮よりも格上の扱いなので、色々な儀式も正宮の次に行われ、式年遷宮の際も他の別宮よりも先に新しい社殿がつくられます。
個人的なお願いごとをするなら正宮ではなくこちらでするとよいそうです。

DSC02602
隣の新敷地に新しい社殿が出来ています。
平成25年10月の両正宮の遷御の儀にひきつづき、荒祭宮・多賀宮の遷御が執り行われます。
DSC02603
神明造の社殿は左右対称で、正面中央の1か所のみに観音開きの御扉が設けられています。
御扉は通常1枚板が用いられるため、内宮の皇大神宮正殿の場合は樹齢400年以上のヒノキが必要になるそうで、鎌倉時代から、神宮の森の大木が足りなくなったそうで、いずれは神宮の森で式年遷宮で必要になるヒノキを賄えるように大正12年から計画的に育てているそうです。

DSC02606
新しい社殿と古い社殿を見比べてみます。
DSC02607
次にお参りする土宮に向かいます。
DSC02608
階段からの景色です、高台にある多賀宮ですが周りは木に囲まれています。