月夜見宮は月夜見尊(つきよみのみこと)と月夜見尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)が祀られています。
外宮の宮域外の別宮は月夜見宮のみで、月夜見宮の宮域内には高河原神社があります。

参拝時間内は神職の方が常駐されていて、外宮が混雑している時期でもこちらは静かですので気軽に質問できる状態でした。
DSC02653

DSC02654

DSC02655

DSC02656

DSC02657
大楠が手水舎のそばにあり、目を引きます。
何か変だと思ってよく見ると主幹がないようです、参拝者は皆この木の前で歩みを止めて眺めていきます。
DSC02663
この角度からだと主幹が無くなっているのがよく見えます。
外宮にも大きなきがありますが、この後参拝した内宮にも普段目にすることのない巨木が沢山あり、多くの人が触っている姿を目にしました。
DSC02658
高河原神社
境内の北側にある堀は江戸時代までは宮川で、ここは高河原といわれた土地だったそうです。
神明造ですがこちらは萱葺ではなく板葺でした。
DSC02659

DSC02660

DSC02661

DSC02662

DSC02664社殿の左側にある焼けた楠の下に祀られている石と狐ですが、「 地元の方々が祀ったから、 よくわからない。」ということでした。

DSC02665

DSC02666